お尻の黒ずみどうしよう|彼に見られたら恥ずかしい!

お尻の黒ずみお悩みコラム

お尻の黒ずみどうしよう|彼に見られたら恥ずかしい!

更新日:

普段は隠れている場所だからこそ、恋人に見られた時の恥ずかしさが耐えられないものです。
特に女性のお尻はみずみずしくて潤った肌が当たり前と考える男性は多いですから、まさか自分の彼女のお尻が黒ずんでいたなんて、とショックを受けてしまうでしょう。

口には出さないかもしれませんが、本音でどう思っているのか心配になります。
また逆の話で、男性のお尻の黒ずみも気になるのが女心というものです。

恋人のお尻の黒ずみに本当はどう思っているのか、また自分のお尻の黒ずみをどんな風に悩んでいるのか、みんなの正直な声を聞きながら、正しいお尻の黒ずみケアを学んでいきましょう。

お尻の黒ずみがきっかけで嫌われるのが怖い。女性側の悩みまとめ

お尻の黒ずみがきっかけで嫌われるのが怖い。女性側の悩みまとめ体を重ねあう関係だからこそ、お尻の黒ずみがきっかけで恋人に振られるかもしれないと真剣に悩む人が後を絶ちません。
お尻の黒ずみで悩む女性たちの本音をいくつかご紹介していきます。

普段デスクワークで座っている時間が長いため、どうしてもお尻の黒ずみが出来やすいのが悩みの種です。
出来るだけ負担をかけないようにフワフワのクッションを敷いているけれど効果があるのかどうかいまいちわからないまま過ごしています。

お風呂に入るたび自分のザラザラ、ブツブツしたお尻の肌質にガッカリしながら、こんなお尻の私を恋人はどう思っているのだろうと気が気でなりません。
本音を聞くのは怖いので黙っているけれど、一日も早く恋人に見られても恥ずかしくないツルツルお尻になりたいのですがどうしたらいいのでしょうか。

本当に一瞬の話ですが、夜の生活を営んでいたとき一瞬彼の手が私のお尻で止まったんです。
本当に一瞬なので気のせいなのかもしれませんが、もしかしたらお尻のザラザラした肌質に驚いたのかもしれません。

すぐにお尻から手が離れたのを見てもおそらく肌触りが悪かったんだと思うと顔から火が出そうなほど恥ずかしいです。

気になる彼の本音は?!お尻はやっぱり気になるの?

気になる彼の本音は?!お尻はやっぱり気になるの?次に彼女のお尻の黒ずみが気になっている彼側の本音もご紹介しましょう。

普段は見えないところだからこそ、しっかりケアをしてほしかった。
さすがに直接言えるわけはないので、早く気付いてほしい。

見えないところのケアが出来ないということは、普段はだらしのない女性なのかなと思い込んでしまう。
せっかく盛り上がっていたテンションが一気に下がってしまうこともあるので、出来れば顔の手入れと同じようにお尻の手入れもやってほしい

お風呂でキレイに洗っているのは確かなのだろうけれど、肌質のザラザラ感はどうしても不潔に感じてしまう。
月日が経っても変わらないということは、何のお手入れもしていないのかなと疑問に感じることが多い。

夫や彼のお尻の黒ずみが許せない女性たちの声

夫や彼のお尻の黒ずみが許せない女性たちの声自分は毎日お手入れをしてツルツルのお尻をキープしているのに、夫や彼は自身のお尻に無頓着で黒ずみや肌荒れがひどくてドン引きする、と答える女性も少なくありません。
付き合いたてのころはまだ恋に恋してる状態なので気にならないかもしれませんが、付き合いが長くなってくると、これまで気にならなかったことも気になるようになるものです。

男性は女性に比べて汗をかきやすいし、特に中年以降は加齢臭のことも気になってきます。
年々清潔感には気を配ってほしいのに、お尻のブツブツとか黒ずみに本当に無頓着で困ります。

女性に対して結構口うるさく言う割に、自分の体のことは無頓着。
ただのわがままだと思っていても、惚れた弱みで何も言えません。

自分の体のケアが出来ていない男性は、イコール仕事や私生活もだらしないというイメージがあります。
体質的にそうなるのなら仕方がないものの、ケアをしないことでお尻に黒ずみが出来たりブツブツやザラザラなど肌トラブルが起きてもお手入れをしないのは、さすがにNGです。
恋人や夫婦になれば体を重ね合わせることになるわけですから、体のケアが出来ない男性は生理的に受け付けません。

お尻の黒ずみとかブツブツは清潔感が急降下してしまいます。
海外では自分の体のケアが出来ていない人は男女問わず自己管理が出来ていない人と思われてしまうそうですが、日本もそういった思考の人が増えているような気がします。
私もその一人で、恋人のお尻にぶつぶつがあるだけで100年の恋も一気に冷めてしまいます。

お尻の黒ずみは男女で原因もケア法も違う?

女性のお尻の黒ずみケアは下着選びと保湿に注意

女性のお尻の黒ずみケアは下着選びと保湿に注意
まずは女性のほうからお話しします。
女性の中には体のサイズに合っていない下着を身に着けている方が多く見受けられます。

下着が肌に与えるダメージも黒ずみの原因

下着は直接肌に触れるものなので、小さいサイズの下着だと肌との摩擦が大きくなります。
この摩擦がお尻の黒ずみの要因のひとつとなりますから、まずは下着のサイズを確認してください。

また、小さい下着の締め付けによって血の巡りが悪くなり、老廃物がたまりやすいという状況も生み出します。
そのため肌のブツブツが出来やすいことも分かっているので、サイズを合わせることと摩擦を減らすために素材も通気性がいいものなどにこだわってください。

乾燥を防ぐことも黒ずみケアに大切

それから黒ずみは潤い不足によって生じることもあります。
洗顔した後に化粧水やクリームで保水、保護するように、お尻も体を洗った後は保水と保護が必要です。

ボディローションやボディクリームで毎日のケアを続けましょう。
ちなみに、肌表面の潤いを残すために、洗浄力の強いボディソープも避けるようにしてください。

肌表面の汚れは弱酸性タイプの石鹸でも十分に洗い落とすことが出来ます。
むしろ弱酸性や無添加石鹸は肌表面に必要な潤いや皮脂を残しつつ、いらない汚れをキレイに落とす特徴を持っています。
お尻の黒ずみケアにはうってつけなので、そちらを使うようにしましょう。

石鹸を見直すこともお尻黒ずみの悩みを解決する方法のひとつになるでしょう。

男性のお尻黒ずみケアはボディソープに注意

男性のお尻黒ずみケアはボディソープに注意次に男性のお尻の黒ずみですが、やはりこちらも大きな原因のひとつとしてボディソープがあげられます
最近は男性向けのケア用品もたくさん販売されています。

男性向けのボディソープはメントールが配合されていたり、清涼系タイプが人気になっています。

清涼感のあるボディーソープは乾燥しやすい

洗い心地がサッパリしているので心地よさがありますが、清涼系タイプにはアルコール成分が含まれていることが多いです。
このアルコール成分は肌表面の潤いを奪ってしまう特徴をもっているため、乾燥による肌の黒ずみが生じてしまいます。

女性同様に、必要な潤いや皮脂を残しつつ汚れをキレイに洗い落とすために、やはり弱酸性で肌に優しい石鹸を取り入れてください。
それから洗い方も大きな問題です。

男性の多くは力任せにゴシゴシ洗っているようですが、これは大きな間違いです。
汗臭い男性は嫌われてしまうと思うかもしれませんが、そんなに力をこめなくても石鹸の洗浄力だけで汚れを洗い落すことはできるのです。

ナイロンタオルのような素材で洗うのもNGです。
力はそれほど入れず、使う素材は肌に優しいタイプに変えてみましょう。

男性も保湿することで肌荒れを防げる

乾燥がお尻の黒ずみの大きな要因ですから、女性と同じようにケアが大切になります。
ボディローションで潤いを与えて、潤いが逃げないようにボディクリームでカバーしましょう。

これは毎日続けてください。
お風呂あがりはもちろんのこと、出来れば朝起きたときにも取り入れてほしいケア方法です。

1日2回のケアを続けていけば、瑞々しい潤った黒ずみ知らずのキレイなお尻に変化していくこと間違いありません。
下着の件も女性と同じになりますが、ボクサータイプをはいている男性は自分のお尻のサイズに合ったタイプを選びましょう。

小さい下着の摩擦による肌ストレスを無くすためです。
一度メジャーなどで自分のヒップサイズを測り、サイズに合った下着に変えることも黒ずみ解消のきっかけになるはずです。

お尻黒ずみ対策アイテムはこちら
>>美尻を目指そう!お尻の黒ずみ対策の詳細はこちら♪<<

❏こちらの記事も人気があります

ピューレパールはお尻の黒ずみ対策に効果的?口コミや評判も注目 1

ピューレパールはお尻の黒ずみ対策に効果的だと評価が高く、口コミでの評判も非常に良いです。 しかし、いざ購入するとなるとコストがかかるからこそ、二の足を踏むという方もいるでしょう。 ピューレパールはバス ...

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームでお尻の黒ずみ対策! 2

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームには最高級の潤い成分と保湿成分がたくさん配合されています。 「効果がすぐに実感できる商品」としてNo.1の評判がある黒ずみクリームです。 肌の乾燥やお尻の黒ずみ対 ...

ピーチローズでお尻の黒ずみ対策!効果、口コミ、評判は? 3

お尻は自分では見えづらい部分なので、他のパーツと比べるとお手入れが行き届かない場合も多いですね。 しかし、プールや海で水着姿になるとき、またはパートナーとお泊りの際などは人に見られてしまいます。 ピー ...

-お尻の黒ずみお悩みコラム

Copyright© お尻黒ずみをキレイにしたい!美尻になるにはどうしたらいいの? , 2018 All Rights Reserved.