お尻黒ずみの治療に皮膚科で行われる数種類の方法

お尻黒ずみの治療に皮膚科で行われる数種類の方法

お尻黒ずみは、長く座っていることで血行が悪くなるこで起こりやすくなります。
肌の代謝がスムーズに行われなくなると、古い角質などが蓄積して肥厚してくるからです。

お尻が黒ずみが起きる理由
  1. 体重がかかることで下着と擦れることも多くなります。
  2. 摩擦の刺激が肌の防御反応を起こします。
  3. 防御反応を担っているメラニンの生成が促されます。

この結果、色素沈着も起きやすくなってしまいます。

特に女性は生理用ナプキンの装着します。
そのため、摩擦は起きやすくなってしまいます。
ホルモンバランスの崩れが、代謝の悪化に影響してしまうこともあります。

お尻の黒ずみはどうやって治療すると良いのか

お尻の黒ずみは、自分では見えにくいですし、対策も難しいです。
しかし。皮膚科であれば色んな種類の対処方法があります。
皮膚科で治療を受けることで改善が期待できます。

市販の美白クリームなどは肌の負担になることも高いです。
余計色素沈着を増やしてしまったり、まだらに白くしてしまう可能性もあります。

医師の治療を受けたほうが、より確実に黒ずみの改善が期待できます。

皮膚科での黒ずみ治療について

お尻黒ずみの治療に皮膚科で行われる数種類の方法

皮膚科ではレーザーによる対応が可能で、肌の状態を見ながら出力を変えて対応することができます。

皮膚科のレーザー治療の利点
  • 肌の活性化を促す
  • 古い角質の除去
  • 一緒に産毛の脱毛もできる

古い角質を取るためにはケミカルピーリングも良く、酸の働きを利用して簡単に取ることができます。
また、細胞の新陳代謝アップにもつながります。
肌の負担を考えて使用して貰えるため、自分で行うよりもリスクを低くできます。

黒ずみ発生を抑える外用薬も処方してもらいましょう

メラニン生成を抑えるための外用薬を処方してもらうこともできます。
ビタミンA誘導体などでメラニンを抑えつつ肌のターンオーバーを促し、肌を美しい色合いに戻すことも可能です。

 

内服薬では抗酸化作用があるものが処方され、肌細胞の生成にも必要な栄養成分を処方してもらうことができます。
ビタミンCやビタミンE、トラネキサム酸などの摂取を続けると、外からの治療と合わせることで早期的な回復が期待できます。

 

治療を行ってお尻黒ずみが一旦解消されても、摩擦や血流悪化などが起きれば再び発生することがあります。
肌ケアは継続していく必要があり、定期的に皮膚科でチェックしてもらうと良いです。

 

お尻の黒ずみ

>>美尻を目指そう!お尻の黒ずみ対策の詳細をご覧ください<<

【お尻黒ずみの治療に皮膚科で行われる数種類の方法】記事一覧

 
お尻黒ずみ,ヒルドイド,効果

デリケートラインやお尻黒ずみを気にしている女性は割りと多いようです。しかし、どう対処すると良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。ヒルドイドがお尻黒ずみに効果的そこで効果が期待できるのがヒルドイドです。ヒルドイドの主成分はヘパリン類似物質というものです。このヘパリン類似物質は高い保湿力があるとされ古くから保湿剤として使用されてきました。ヒルドイドは病院等の医療機関で医師から処方される薬...

 
 
お尻黒ずみ,下着,選び方

下着や服の摩擦、座った時の圧力など普段はあまり意識しませんが、お尻は黒ずみのできやすい部分です。お尻黒ずみがあると汚く見えてしまい、悩んでいる人も多くいます。改善するためには原因を理解して、対処していくことが大切となります。ホルモンバランスを整えることも大切女性は妊娠や出産、生理などが起こりますが、これらには女性ホルモンが大きく関係しています。女性ホルモンが乱れてしまったり、変化してしまうことで黒...

 
 
お尻黒ずみ,ザラザラ,ニキビ

女性の肌の悩みの中で、お尻についての悩みも多くあります。お尻全体がザラザラになってしまったり、乾燥してしまうことです。お尻がザラザラになる原因は、何といっても潤い不足です。特に冬場は乾燥が深刻になりがちです。お尻のザラザラには、まず保湿をスキンケアやボディケアを毎日行っている人でも、お尻へクリームを毎日塗っている人は少ないです。お風呂から出た後そのまま放置という人が多いので、まずはクリームやオイル...